【 2010 年 01 月】 更新履歴 

  --.--.  【 スポンサー広告 】  スポンサーサイト   さわりを読む▼
  01.31.  【 番犬の憂鬱 】  番犬の憂鬱<8>   さわりを読む▼
  01.17.  【 番犬の憂鬱 】  番犬の憂鬱<7>   さわりを読む▼
  01.11.  【 収納庫 】  2010/01/24コミックシティ福岡22   さわりを読む▼
  01.09.  【 番犬の憂鬱 】  番犬の憂鬱<6>   さわりを読む▼
  01.03.  【 収納庫 】  2010/01/10コミックシティ大阪77   さわりを読む▼
  01.02.  【 転げ落ちた先に 】  転がり込んだ胸に<転げ落ちた先に>   さわりを読む▼
  01.01.  【 俺の主治医 】  門出の朝<俺の主治医>新年SS祭り・*R15   さわりを読む▼

««2009年12月       2010年02月»»

スポンサーサイト 

スポンサー広告


番犬の憂鬱<8> 

番犬の憂鬱

 隣でごそごそと動く気配の主に、俺はびくりとして飛び上がる。身体を起こすと、離れて寝ていたはずの課長は、布団からはみだして、俺の隣へしっかりと寄り添うように眠っていた。どころか、俺の胸を枕にしているような状態だ。俺は頭を抱える。こんなに人肌が恋しいタイプの人だとは思わなかった。今までの連中だって、こんなんじゃ理性保てなかったんじゃないか?俺は、夕べから何度目かの深いため息と共に、課長の頭を乱暴に押し...全文を読む


番犬の憂鬱<7> 

番犬の憂鬱

 と思っていたのは、俺の早計だったらしい。一週間、鈴木さんの指示で忙しく立ち働く俺に、宮川課長が親しげに声を掛けてくることも無かったし、もちろん週末のお誘いなどあるはずも無かった。心の何処かでそれを寂しく思いながらも、ふて腐れた気分で寝ていた俺の携帯が鳴ったとき、見覚えの無い番号に多少警戒しながら電話を取った。「エルミタージュの圭です。これ、上総くんの携帯かな?」「はい?」何度も配達には行ったから覚...全文を読む


2010/01/24コミックシティ福岡22 

収納庫


番犬の憂鬱<6> 

番犬の憂鬱

 「うん。美味い。お前料理上手だな」「うちは、母が働いているんで、料理は俺の当番だったんです」ガツガツとまるで欠食児童のように、朝飯を掻き込む二人の男に、俺は半ば呆れ、半ば感心していた。「まだ、学生バイトなんだって?」「ああ。うちの社で雇ってるメッセンジャーだよ」「ふーん。気が利くなぁ。うちの新人に見習わせたいくらいだぜ」「そっち、最近どうだ?」「総務はなぁ。気が利かないと何とも」ヒロさんが、コーヒ...全文を読む


2010/01/10コミックシティ大阪77 

収納庫


転がり込んだ胸に<転げ落ちた先に> 

転げ落ちた先に

 新年SS祭りアンケート第一位は「転げ落ちた先に」【転がり込んだ胸に】無自覚女王さまは、今日も何気に女王様でした。バスルームで携帯を受けていた義彦が、ため息を吐きつつリビングに戻ってきた。俺の家は、1SLDKのワンルームマンションだ。玄関を入ったところにある納戸前の廊下を過ぎたところに扉がある以外は、一切の仕切りは無い。一人暮らしの頃はそれでも良かったが、恋人と二人で過ごすことが多くなると、少しは互いの...全文を読む


門出の朝<俺の主治医>新年SS祭り・*R15 

俺の主治医

 さて、第二話はアンケート第二位「俺の主治医」です。何故か人気のこのカップル。今回もアンケート上位でございました。【門出の朝】さすがに年の瀬はヤクザであっても休みらしい。俺がそう云うと、台所から覗いたひょろりとした身体の主が、きょとんとした顔をした。もういい年になった筈だが、そんな表情は子供のようだ。「休みって訳じゃないっすけど、上の方で総会があるんすよ。オヤジや若頭たちはそっちに」「ああ。いや、ビ...全文を読む


 

««2009.12.   HOME    2010.02.»»

カテゴリー


最近の記事


プロフィール


足跡


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。