【 2010 年 10 月】 更新履歴 

  --.--.  【 スポンサー広告 】  スポンサーサイト   さわりを読む▼
  10.30.  【 転げ落ちた先に 】  お返し<転げ落ちた先に・番外>   さわりを読む▼
  10.24.  【 整形美人 】  整形美人<16>   さわりを読む▼
  10.23.  【 収納庫 】  2010年秋イベント既刊と通販のお知らせ   さわりを読む▼
  10.23.  【 短編 】  光と影   さわりを読む▼
  10.18.  【 整形美人 】  整形美人<15>   さわりを読む▼
  10.11.  【 整形美人 】  整形美人<14>   さわりを読む▼
  10.09.  【 収納庫 】  2010/10/31 J-GARDEN29   さわりを読む▼
  10.03.  【 整形美人 】  整形美人<13>   さわりを読む▼

««2010年09月       2010年11月»»

スポンサーサイト 

スポンサー広告


お返し<転げ落ちた先に・番外> 

転げ落ちた先に

 前回のJガーデンの「帰らないでポスター」にて、提出したものです。ちょうどホワイトデーだったことと、その前月に行われていた姉妹イベント「コミティア」でのお題・バレンタインデーのお返しということでの企画でした。春のJガーデンの新刊・「転げ落ちた先に」にちなんで。渥美部長と女王鈴木の、甘いホワイトデーのお話です。本編「転げ落ちた先に」【お返し】渥美サクヤは今年四十になった。肩書きは営業部長。企画課長時代...全文を読む


整形美人<16> 

整形美人

 最近使わない家の前のコンビニの扉を神楽くんが開いた。無言で棚の酒類を無造作にかごへ放り込む。半分くらいが一杯になったところで、ちょっと立ち止まり、スナック菓子やから揚げや焼き鳥を入れた。そのままレジへと向かう。「自棄酒モードかよ」俺は自分も右に倣って酒を買い込んだ。しらふで酔っ払いの絡み酒の相手をするほど、馬鹿馬鹿しいことは無い。松平は静かに帰っていく神楽くんの後を追った。酒を山のように買い込んだ...全文を読む


2010年秋イベント既刊と通販のお知らせ 

収納庫


光と影 

短編

 カロリーハーフchobonさまのオヤジ祭りに乗ってみました。こちらのイラストのイメージで。【光と影】突き上げられる痛みに交じる快楽。麻薬のようなそれを感受するようになって、もう数ヶ月が過ぎた。「いい? 麻耶さん?」「あ、いいッ、沙耶…」訳も判らず、耳元へと囁かれる言葉へと、鸚鵡返しに言葉を返す。「可愛いよ。麻耶さん。貴方、最高だ」耳朶を噛まれ、受け入れている奥が震えた。翌朝、だるい身体を起こすと、既に沙...全文を読む


整形美人<15> 

整形美人

 なるべく神楽くんと時間を合わせないように、尚且つ、神楽くんを見守れるように。俺は帰宅と出勤の時間をずらすことにした。朝はなるべく遅めに起きて、神楽くんのいるコンビニで買い物をして大学へ向かい、夜は神楽くんと松平が家に戻った後に帰る。このときも、一応コンビニには寄る。今となっては、早く皇姫が仕掛けてきてくれないかと思っていた。出来れば、神楽くんがコンビニに勤めている週末までに。さすがに利己的過ぎて嫌...全文を読む


整形美人<14> 

整形美人

 コンビニに着いたのをいいことに、俺は返事もせずにさっさと逃げ出した。面倒ごとはご免こうむる。研究室に行くと、松平と珍しく教授が揃っていた。いつもなら、柔らかい表情を浮かべている筈の松平の仏頂面に、研究室に陰鬱な空気が漂っていた。「真田くん」長い白髪をオールバックにした宗像教授は、明らかにほっとした顔をして、助けを求めるように俺を見る。「おはようございます、教授」俺はなるべく明るく挨拶をして、昨日ま...全文を読む


2010/10/31 J-GARDEN29 

収納庫


整形美人<13> 

整形美人

 「あれ、松平さん。まだいいんですか?」さすがにいい時間になっても帰らない松平を、心配したように神楽くんが訪ねる。「今日から俺もここに泊まるから」「ああ。そうなんですか」ちらりと俺に視線を流す神楽くんを、俺は無視した。正直、松平と揉めてまで、神楽くんのご機嫌を気にしなければならない理由は俺には無い。「じゃ、俺はもう寝るから」すがるような神楽くんの視線を無視して、俺は切り捨てるように寝室の扉を閉めた。...全文を読む


 

««2010.09.   HOME    2010.11.»»

カテゴリー


最近の記事


プロフィール


足跡


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。