【 2011 年 04 月】 更新履歴 

  --.--.  【 スポンサー広告 】  スポンサーサイト   さわりを読む▼
  04.26.  【 収納庫 】  2011年5月コミックシティ東京&大阪   さわりを読む▼
  04.23.  【 BL観潮楼企画 】  春企画参加・桜色のアーチの下で<SS>   さわりを読む▼
  04.18.  【 関東小話 】  もうひとつの関東小話<身勝手な男・番外>   さわりを読む▼
  04.09.  【 関東小話 】  関東小話<5>完   さわりを読む▼
  04.03.  【 収納庫 】  2011年春イベント及び通販のお知らせ   さわりを読む▼
  04.03.  【 関東小話 】  関東小話<4>   さわりを読む▼

««2011年03月       2011年05月»»

スポンサーサイト 

スポンサー広告


2011年5月コミックシティ東京&大阪 

収納庫


春企画参加・桜色のアーチの下で<SS> 

BL観潮楼企画

 BL観潮楼・春のお題は「春・出会いと別れ」一覧はこちららしくもなく、BL全開高校生です。【桜色のアーチの下で】家の近くにある桜並木。いつもはウキウキで、ステップでも踏みながら歩いているその道を、俺はずーんと落ち込んだ気分で歩いていた。春色の桜のアーチ。隣を歩くのは幼馴染の名波。ナナは小さくて可愛くて、でも元気一杯で頑張り屋。皆に慕われて、俺の自慢の幼馴染。そのナナが恋をした。可愛い女の子ならば、い...全文を読む


もうひとつの関東小話<身勝手な男・番外> 

関東小話

 身勝手な男シリーズ番外。関東小話で書き足りなかった部分を。「じゃ、久世主任。失礼しまぁす」「ああ。暗いからな、気をつけろ」最後に残った女子社員に声を掛ける。震災から一月。復興需要を当てにしていた各業界の思惑は見事に沈んだ。建築業界も最初は仮設住宅の需要を見込んでいたが、遅々として進まないのには訳がある。細かな部品が入ってこないのだ。被災の範囲が広域に渡っていた所為で、各業界が全ての全容を掴むのに時...全文を読む


関東小話<5>完 

関東小話

 【偽善と外套】「いらっしゃいませ」開いた扉からのぞいた顔は、まだ少年の名残を残していた。ただし、それも後数年の猶予であることは間違いない。すっきりと着こなしたスーツは、店主の手によるものだ。銀座に裏通りのテーラーには、あまり客の姿は無い。だが、一旦注文すれば、数着のテーラーメイドのスーツを惜しげもなく作る上客に恵まれているため、若者がテーラーを訪れると、店主は常に忙しそうに縫製作業をしていることが...全文を読む


2011年春イベント及び通販のお知らせ 

収納庫


関東小話<4> 

関東小話

 【仕事と使命】「すごいんですよー。もう列が出来てて、スーパーで入場制限なんて初めてです」村田はそのときのことを思い出したのか、げんなりとした表情を浮かべた。営業部・企画課は、二時間に一度、必ず休憩を取らせる。ほとんどの作業がパソコンを使うものであることと、根を詰めた作業はミスが発生しやすいことを、部長の渥美が嫌う為だ。「そんなに並んで何を買うんだ?」「卵とか、牛乳とか、パンにお米! 後は電池ですよ...全文を読む


 

««2011.03.   HOME    2011.05.»»

カテゴリー


最近の記事


プロフィール


足跡


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。