【 2013 年 08 月】 更新履歴 

スポンサーサイト 

スポンサー広告


暗い森で<水の魔方陣・焔の剣番外> 

最後のこぼれ話

 「おーい。こっちだ」「はしゃぐなよ。こっちはもう若くないんだ」森の少し奥にある小さな小屋は、リベアがこの休暇の為に借りたものだ。村からは近いとはいえ、ここは魔物の巣窟である黒の森だ。当然ながら、人の出入りは少ない。村の住人たちにも物好きな連中だと怪訝な顔をされたし、はっきりとは言わないが、死骸の始末の料金を上乗せしろと言わんばかりだった。リベアは笑って言われるがままの料金を支払ったが、後ろに控えた...全文を読む


一歩づつ・後編<水の魔方陣・焔の剣番外> 

最後のこぼれ話

 「アデレードはともかく、何で貴方がいらっしゃるんですか? 蒼のソルフェース」「見ての通り、料理してんだが」「そんなことは見れば判ります。私が伺っているのは何故にという所なんですが?」「じゃ、アデレードがエプロン付けて料理してる方がいいってのか?」「それはそれで男の夢ですが、遠慮します」碧のアデレードは先々代の王の姫だ。料理などしたことがある訳も無い。腕前など押して知るべし。むしろ、父が台所に立って...全文を読む


一歩づつ・前編<水の魔方陣・焔の剣番外> 

最後のこぼれ話

 レイサリオの学校編。リベアがまだ生きていた頃です。「レイ・アーバンです」レイサリオ・アーバン・コントラは真っ直ぐに前を見て、自己紹介をした。ティアンナでは街の学校は身分や年齢に関わらず、誰しもが学べる場だ。つまり比較的裕福では無い人間が多い。殆どが城下の職人や小売商の子供たち、もしくは働きに来た出稼ぎの年少の田舎モノたちだ。もちろん、大人でも構わないのだが、やはり学びに来るものは少なかった。その中...全文を読む


そして、きっと<水の魔方陣・焔の剣番外> 

最後のこぼれ話

 水の魔方陣・焔の剣。こぼれ話SS連載です。本編はこちら<一歩づつ・前編> <一歩づつ・後編><暗い森で> <そして、ふたたび>完番外<上質の時間> <旅の空>【そして、きっと】左肩に焼け付くような激痛が走った。それを無視して、相手に突っ込む。美しい女の形をした魔物の喉を切り裂いた。女の目が見開かれ、信じられないものを見るような視線で、己を切り裂いた騎士に手を伸ばす。だが、その手は空を切り、落ちた首...全文を読む


2013/08 イベント参加予定 

収納庫


収まるべきところ<転げ落ちた先に番外> 

転げ落ちた先に

 春イベントの無料配布SSです。夏イベント用が出来たのでUP。本編「転げ落ちた先に」はこちら【収まるべきところ】「は? それってストーカーって言うんじゃないのか?」宮川真幸が可愛らしい顔を歪めて、あきれ返った声を上げる。「やっぱりそう思うか?」宮川の目の前に座った鈴木が、深い溜息を吐き出した。常からかったるそうな動作に、今日は拍車が掛かっている。「警察は?」「あのな。俺にストーカーするような奴がいる...全文を読む


 

««2013.07.   HOME    2013.09.»»

カテゴリー


最近の記事


プロフィール


足跡


RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。