スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


明けゆく空<不倫・番外> 

新年年越し祭り。三話目は、「不倫」の番外編。
社会人のおっさんと結ばれた高校生ツトムには、まだ遠慮があって。


明けゆく空


「う~、寒びー。こんなに早く来る必要あんのかよ?」
「いい場所とられちまうじゃん」
そう云って、浩二は笑うが、たかが近所の橋の上。しかも、来てるのは中坊のガキばっかだ。
初日の出を見に行こうと提案したのは、浩二だ。
ねーちゃんの彼氏は、俺も一緒に、年末年始を過ごそうと提案してくれたが、俺だって馬に蹴られるのはごめんだ。こんなデカイこぶつきのねーちゃんと、一緒になってくれると云う、貴重な男を、俺の所為で逃すわけには行かない。
そんなときの、浩二の申し出は、断る口実には絶好で、俺はうなずくしかなかった。

だが。
「こんな朝早いとは聞いてねーぞ」
「だから、明けて来たら、人一杯だって!」
いくら何でも五時半に迎えに来るとは聞いてなかった。急いで用意したから、ダッフルコートの下は、長袖のTシャツ一枚だ。マフラーは辛うじて巻いているものの、寒さが身に染みる。
東の空はまだ真っ暗で、初日の出までなんか後何時間あるんだー?ってカンジ。
「いーじゃねーか。こんな風にお前と出掛けんのなんか、後、何度あるか判んねーんだぜ」
「まぁな」
今だって、大学受験真っ最中の浩二に、余裕なんかある訳ねー。就職がとっくに決まった俺より、切羽詰ってる筈だ。多分、今日だって、俺がねーちゃんの恋人に、遠慮してんの知ってて、誘ってくれたんだろう。
こいつのさりげない優しさは、時々俺の心を見透かしているような気がする。

ポケットに突っ込んだ缶コーヒーを取り出して、一口飲む。今でこそ暖かいが、これだって、すぐに冷めちまうだろう。カイロでも、持ってくるんだったな。

しばらくすると、ざわざわと人の気配がし始めた。さっきまでの中坊の馬鹿騒ぎの声しかしなかった橋の上に、ばばあ連中の声が混じる。近所の連中が集まり始めたんだろう。
空がうっすらと青みを増した。
はっきりと判る速度で広がって行くそれに、隣にいたカップルが声を上げる。
「きれー。ねぇ、きーちゃん。初日の出ってさー、いつもよりトクベツ明るい気、しない?」
「え~、そんなこと無いだろー?」
「そーかなぁ。きっと皆で見てるからだと思うんだよねー」
へへっと、照れくさそうに笑った、オンナノコの頭を、男が包み込むように抱き寄せた。

俺はふっと明るくなる空を眺めながら、今頃どうしているのかと考える。
大人な俺の恋人は、所帯持ちでは無いが、親が死んでからずっと妹や弟と助け合ってきたのだそうだ。そんなあの人が、年末をどう過ごすかなんて決まっている。
嫁に行った妹は実家に帰って来ているだろうし、家族水入らずで、今頃は初詣にでも出掛けているだろう。
すっかり冷めたコーヒーを飲みながら、俺はじっと明けていく空を眺めていた。

「ツトム、ほら、昇ってきたぞ」
俺の肩を叩いて、浩二が声を上げる。
埋立地のビルの間から、まぶしい光が差し込んでいた。
写メの音があちこちで上がる。浩二も写メを構えて、それを写していた。
「もう、いいだろ。寒みーからさ。行こうぜ」
「OK」
振り返ると、橋の歩道は、いつの間にか人だかりで一杯になっていた。
「すげぇ。いつの間に集まってたんだ?」
「だから、云っただろ! 場所取りあの時間で正解!」
「だな」
俺たちは笑って、その歩道を降り始めた。
「おい、浩二。どーする? あったけーモン食べてーからさ、うどん屋でも行くか?」
さすがに身体は冷え切っている。
「んー。うどん屋より、駅前のファミレスにしねー?」
どうやら、浩二はがっつり食いたいらしい。俺もそれに異存は無かった。
二人して、駅前に向かう。
途中、浩二の足が止まった。
「遅せーよ」
「悪い」
ぶすっと云った浩二に、真正面に立った男が、頭を下げる。
背はそんなに高くないが、がっちりとした大人の男。
「耕一さん?」
始発は走っているし、今日は初詣対応で駅の始発は異様に早い。車の無い耕一さんでも、ここには充分に来れる。だが、どうして?
「お前と初詣に行こうと思ってな」
「でも、家族水入らずじゃ……」
「義理は果たした。ちゃんと、二年参りには行って来たぞ。弟も早く恋人のところへ行けってさ」
耕一さんの広い胸が俺を抱き寄せた。
冷えた身体が、暖かい体温に包まれる。
「お前はいつも、俺の家族に遠慮してるだろう? それを察してやれない俺も鈍いんだろうが。浩二くんが電話をくれた」
「浩二が? どうして?」
「最初、会ったときに免許証見せてもらっただろう? 俺、数字は覚えるの得意なんだ」
俺が云ってるのは、そういうことじゃなくて――――。
「いいから、行って来い」
浩二が俺の背中を押した。俺の肩を抱いたまま、耕一さんが歩き出す。
「せっかく逢えたんだ。無粋な詮索はするな」
「う、うん」
イマイチ、俺の悪い頭では、要領を得ないが。とりあえず、耕一さんは俺といてくれる、ってことだ。
ポケットで携帯が震えた。
取り出すと、メールが一通。
『お前の幸せ祈ったからな。俺の大学合格祈って来い――――浩二』
さっきの初日の出の画像に、あけおめ!と書いてある。
俺は出そうになる涙を堪えて、耕一さんの腕に顔を伏せた。
「感激するのはいいが、俺より浩二がいいとは云い出すなよ」
「馬鹿」
うん、俺、幸せだよ。浩二。


<おわり>


「蒼竜の夢」

BL小説ランキング
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(2) Tag List  [ 小説 ]   [ BL ]   [ 漢受け ] 


~ Comment ~

Re: タイトルなし

あまり、幸せな子供じゃないので、いろいろ考え込むツトム。切ないのは自分のこころ次第なんですが
[2009/01/08 22:41] 真名あきら [ 編集 ]

この二人好きなんですよ。甘い中にちょっと切ない気持ちがあるのがつぼです。
[2009/01/08 18:57] うーろん [ 編集 ]















管理者にだけ表示を許可する


Back      Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。