スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


憧憬の王城<王様の隣・前編> 

旅芸人一座から見た、誠吾とアデイール。
冬コミからこっちの無料配布本です。


【王様の隣】


右へ左へと飛ぶ。
リボンのついたバトンを高く放り投げる。
受け取ってくるりと廻すと、リボンが綺麗に輪を描いて、俺の周囲を囲むようにして、落ちた。
受け取った姿勢を保ったまま、直立不動でポーズを決めると、広間中で拍手が巻き起こった。
新体操もどきの踊りは、何処を廻っても受けが良く、旅芸人に拾われた俺は、これがあるからこそ、只の居候にならずに済んでいる。
今日は、この国の王様の前での演技をすることになっていた。
娯楽の少ない小国などでは、旅芸人が城に呼ばれるのは、珍しいことではないそうだ。
この山国もそうらしい。
まだ若い王様は、数年前に妻を迎えたと云う。
「お前の魅力で骨抜きにして来い」
リーダーのレスティールは、そう俺に命じたが、そんなに上手くいく筈が無い。
確かに、俺は男としては細身な方だし女顔だが、今までコマしてきたジジイ連中とは違う。若い王様には、政略結婚とは云え、似合いの綺麗な奥方がいる筈だ。そんな男が俺なんかに引っかかる訳は無い。
そっと、王様の表情を盗み見た。
若く逞しい王様は、隣に座った男に、しきりに話しかけている。
三十くらいだろうか? 黒髪に黒瞳の組み合わせは、この世界では珍しい。多分、俺と同じ『異邦人』だろう。
王様がその男の背を抱いて出て行く。どうやら、興味はもってもらえなかったようだ。
有力な貴族や、王の後ろ盾は、そこで長く芸を見せるために、取り付けておくに越したことは無い。木っ端役人に袖の下を払うにも、限界があるからだ。
「これで、しばらくは肩身が狭いな」
呟いて、広間の中央から下がると、そこに満面の笑みを浮かべたレスティールがいた。これは、王様じゃなくても、何処かの有力者の気は引けたらしい。
「ユウ。セスリムがお呼びだそうだ」
「セスリム?」
確か、セスリムと云うのは、王のお后さまの事だった筈だ。どうやら、とんでもない女狐らしいが、そんなことは俺にはどうでもいい。しつこいババアでなければ、ありがたいがと思いつつ、俺は素直にうなずく。
すると、そばに控えた兵士が、丁寧に頭を下げて、俺を促した。


そう云えば、王様の横には男が一人いたが、貰ったばかりだという后の姿は無かった。
政略結婚で、互いに興味は無いのかも。と思いながら、示された扉の前へと立つ。
「セスリム・セイ。芸人を連れてまいりました」
「ゼイアスト、ご苦労様。さ、入ってくれ」
開かれたドアの向こうからは、男の声が聞こえた。中へと入ると、中央に置かれたソファに、王様と先程王様の隣にいた男が座っている。
「良く来てくれた。『ニホン人』だよな?」
機嫌の良いらしい男が、対面のソファを示すのに、俺は腰を下ろしたものの、どういうことだと首を捻った。
「セスリム。では、私はこれで」
「ああ、悪いな。態々」
男がうなずくところを見ると、やはり、この男が『王のセスリム』らしい。俺は驚きを必死で押し隠した。
寄りによって、こんなオヤジが、王様のお后だと云われても、驚くのが普通だろう。しかも、絶世の美男子であるとか、逆に、男が見惚れる程カッコいいとかいう事も無い。男は何処から何処までも普通だった。むしろ、何処にでもいる冴えない系の、サラリーマンの典型に見える。
「突然呼び立てて、すまない。異邦人だと聞いたので、話を聞きたかっただけなんだ」
「はい。俺でよろしければ。ニホン人です。倉敷勇人と云います」
成程、俺に興味がある訳ではなくて、単に話が聞きたいだけか。まぁ、どういう意味でも、気に入ってくれれば、この国での興行がやりやすくなる。
「そうか。俺は、安芸誠吾だ」
「誠吾さまは、何故、俺が日本人だと?」
「誠吾さまってのは止めてくれ。ああ、何となく解るんだ。アジア系の中でも、日本人って、顔のラインが柔らかいだろう?」
「では、セスリムと呼ばせていただいても?」
「セイと呼んでくれればいい。食事しながらでも話は出来るだろう?」
セスリムが合図を送ると、使用人たちが食事を運んでくる。日本食もどきもいくつかあって、旅回りで干し肉中心の食生活を送ってきた俺には、久しぶりに口にするご馳走だった。
「新体操をやっていたのか?」
「いえ、普通の体操だけです。姉が、新体操をやっていて、動きは判っていたので」
「本格的にならっていなくても、ああなのか。羨ましいな」
セイさまは、良く笑い良くしゃべる。俺はいつの間にか、ノセられて様々なことを口にしていた。
ここに来てから、五年ほどになること。旅芸人の一座に助けてもらって、行動を共にしていること。嫌なことがあって、あまり帰りたいとは思っていないこと。
「そうか。まぁ、俺もそうだからな」
「セイさまも?」
「帰っても、迎えてくれる相手はいないんだ。俺は、この国で生きて行くさ」
寂しそうな面差しのセイさまは、何処か頼りなげで、抱きしめたい衝動に駆られる。
隣に座って、俺たちの会話を聞いていた王様が、セイさまの肩をぎゅっと抱きしめた。
どうやら、これ以上はお邪魔なようだ。
俺は、適当に礼を述べて、その場を辞した。


NEXT

BL小説ランキング
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 


Back      Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。