スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


出会い<水の魔法陣・焔の剣 おまけ> 

前回のJ-GARDENの際の、帰らないでポスターとして展示したものです。
新刊「水の魔法陣・焔の剣」にちなんで、ソルフェースとリベアの出会いの話を書きました。


【出会い】


腰を落とした男が、両の手を添えた厚刃の剣を振り上げる。
小柄な身体には重い筈のそれに、体重を全て乗せて振り切った。
おそらくは、その身体の力を甘く見ていた相手は、受け止めきれずにたたらを踏む自分自身に驚愕する。
何とか留まりはしたものの、押され気味だ。
だが、体格の差は歴然としている。
特に大柄な相手に、一回り以上も小柄な男が、そのまま力で押し切れる筈など無い。
ふいに、男の身体が沈んだ。
次の瞬間、大柄な相手の身体がもんどりうって倒れる。
足をなぎ払われたのだと、周囲が認識した時には、小柄な男の身体が倒れた男の上にあった。
男の厚刃の剣が、思い切り良く振り下ろされる。
歴戦の勇士である大柄な相手も、思わず硬直した。
首筋、ギリギリを掠めて、男の刃が地面に突き立つ。
「ま、いった…」
切れた息を吐き出すように、降参を告げると、小柄な男の厳しい顔が、晴れやかに笑った。


「リベア! すごいわ」
勝者の小柄な男に、皇女・レイシアが声を掛ける。
すると、男が照れた様に視線をさまよわせ、ぺこりと頭を下げた。
一年に一度開かれる御前試合である。
皇女や皇子が観戦するのは当たり前だ。
それを護る意味で、魔術師たちも数名観戦を行う。特に、今日は近衛騎士たちも当然、試合に出場しているのだ。
「レイシア皇女。お知り合いですか?」
身を屈めて、レイシアに問い掛けたのは、長身の優美な姿の魔術師である。
「ええ。リベアは離宮で私たちの面倒を見てくれた人よ」
つまり、離宮で働いていた騎士ということだろう。魔術師は秀麗な顔を向け、すがめるように男を見た。

実直で真面目なだけが取得のような男。
兵士にしては、小柄な身体と、その身体には不似合いな、重みのある厚刃の剣。
だが、それを逆手に取った、重い剣の反動に全体重を乗せる戦い方。
決して、洗練されたものとは云えない。どころか、その粗野な容姿を際立たせるような戦い方なのに。

目が離せない――――。

そんなに夢中になってみていたつもりは無いのに、レイシアが声を上げるまで、見つめていたことすら気付かなかった。
厳しい顔が、晴れやかに笑った瞬間の表情は、まるで少年のようだ。


皇女のそばを通り過ぎるとき、男――リベアは律儀に皇女と皇子、そして魔術師たちにも頭を下げる。
それを見送りながら、魔術師は唇の中で呪言を唱えた。

ほんの少しの悪戯だ。
もう一度会う為に。
今夜、月が男を誘い出す。
そのとき、自分はどうするつもりなのか。
魔術師自身にさえ判らなかった。


<おわり>


今回のJ-GARDENのテーマは「ハッピーホワイトデー」裏テーマはお返し。
新刊「転げ落ちた先に」で、鈴木から、渥美へのお返し話です。
ぜひ、見に来て下さいね。


BL小説ランキング
FC2 Blog Ranking

完結小説一覧

スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(0)


~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する


Back      Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。