スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


初詣<身勝手な男>*R15 

あけましておめでとうございます。
毎年恒例・新年SS祭り。今年の第三位は『佐伯×久世』でした。
下町の商店街の一角で暮らす、ゲイカップルの地味なお正月風景です。


【初詣】

「寒ッ、」
俺は思わず、ジャケットの襟元を握り締めた。
近所の天神様は、大晦日の夜中だというのに、まったくひと気が無い。綺麗に掃除されて、灯かりも灯されたそこは、充分に守り神としての役割を果たしているように見える。
もっとも、私鉄で二三駅足を伸ばせば、名所と云われる神社のある下町のこと。こんなお守りもおみくじも無い、近所の神社に足を向けるものは無い。
人が集まれば、霊験あらたかと云うわけでも無いだろうに。
そんな寒々しい神社にいるのは、今は俺たち二人だけだ。
「ほら、こっちへこい」
人目が無いのをいいことに、英次の細身に見えても逞しい腕が俺を抱き寄せる。もっとも、俺たちがカップルだと云うのは、近所の柔道教室に通っているガキどもの間では有名で、別に見られたからと云って困るようなことも無いんだが。
「夜中の神社って結構不気味だよな」
「まぁな。だが、そういうモンだろう。だから、皆、人がたくさんいる方へ行くんだろうよ」
誰かがいる。それは何より心強いのかもしれない。
「風邪引かないうちに帰るぞ」
英次が投げた賽銭の音が静かな神社に響いた。
二人して手を合わせる。しんと静まり返る中、無言で祈った。
秀麗な横顔をちらりと盗み見る。闇の中、いつまで経っても慣れることの無い硬質な美貌が浮き上がる。
恋人と呼ばれる間柄になって数年経つが、やはり綺麗だと見惚れてしまう。
「そんなにいい男か?」
見惚れていたのに気付かれたらしい。悪戯っぽい目線をちらりと俺に流した英次は、凄絶に色っぽい。
「早く家に帰ろうぜ。熱燗でも飲んで温まって…」
耳元に囁かれ、俺は呑まれたようにうなずいた。


高校時代から住んでいる築四十年近いボロ家。今は英次と住んでいる家。
こたつに入り、外の冷気を払った。英次が持ってきた日本酒で温まる。
「あまり呑むなよ」
勃たなくなるからな。と下卑た笑みを浮かべる英次に、俺は半ば呆れた。
「やる気満々かよ。いい加減に落ち着けよな」
俺が絶世の美男子とでも云うなら判るが、ガタイのデカイ四十近いオッサンだ。顔は童顔気味だが、可愛い系の顔には程遠い。
別に英次が俺を好きでいてくれるのを疑っている訳では無いし、そういう好みだと知ってはいても、落ち着かないことこの上も無かった。
「はん。まだ落ち着くほどヤラせてもらってないぜ?」
「覚えたてのガキじゃねーっての。どんだけヤル気だ」
文句はつけたが、導かれるままベッドへと移動する。
覆いかぶさってくる身体の重みが心地良い。背に腕を廻すと、しっかりと抱き締められた。
抱きとめたままの行為は、俺のようなガタイでは英次には負担が掛かる筈だが、軽々と膝へと乗せられる。
胸に舌を這わせ、時折きつく吸い上げると、俺の胸に軽い鬱血の後が残る。
下半身を摺り合わせつつ、舌も指も俺を煽り立てることは忘れない。
さすが、若い頃に遊んだのは伊達じゃないってか。まったく、良い仕事してくれるぜ。
「あ…ん、ッ」
漏れた喘ぎを噛み殺す。薄く笑った唇が、俺のそれを貪った。
そのまま、奴の欲を呑み込まされる。
揺さぶられるまま、俺はしがみついた背中に爪を立てた。


終わった余韻のままに、ごろりとベッドに横になる。
英次はまだ、俺の背中に懐き倒していたが、ちょっとシツコイそれにうんざりして、態と仰向けに転がった。
「おい、潰れるって」
「いつまでやってるつもりだ?」
不穏な気配を感じたらしい英次は、すばやく身体を引いて、下敷きになったのは腕くらいだ。
そのまま、下敷きになった腕で俺を抱き寄せる。
懲りない奴だ。
俺も抱き寄せられるまま、英次の胸に頬を摺り寄せる。
「どうした? 今日はえらく可愛いな」
「こういう気分なんだよ。俺が珍しく素直なんだから、そのまま甘えさせろ」
年越しそばと酒。
ほろ酔いのまま向かう近所の神社。
願いはきっと二人とも同じだ。
「来年も再来年も、十年後も。二人で一緒に」


<おわり>

新年SS祭り
『渥美×鈴木』【初日をのぞむ】
『ソルフェース×リベア』【納期の祈り】

FC2 Blog Ranking
完結小説一覧

スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(4)


~ Comment ~

Re: うう・・・

商店街での地味な初詣。
でも、佐伯ですからねぇ。ヤルことはヤル男。

こちらこそ、今年もどうぞ、よろしく。
いろいろあった昨年からようやく落ち着けるといいなぁ。
お年玉になったら嬉しいです。
[2011/01/02 21:55] 真名あきら [ 編集 ]

うう・・・

大好きな身勝手な男!
姐さんいわくの、地味な正月なのに、
なぜにこんなに萌えるのか!さすがです。溜息がでます。

あきら姐さん、昨年は大変お世話になりました!
お膝に座らせていただけて、大変うれしゅうございました・・・v-10
どれを読んでも素晴らしい、大吉ばかりのおみくじ
のような作品の数々。大尊敬です~~~っ。
今年も、宜しくお願いします!
[2011/01/02 19:58] るか [ 編集 ]

Re: 柚子季さま

今年最初にエロでした(笑
お正月くらい、素直にデレを入れてみました。こいつが一番ツンツンなんだよねぇ。

こちらこそ、今年もどうぞ、よろしく。
一緒に遊びましょう!
[2011/01/01 20:30] 真名あきら [ 編集 ]

姐さん!!
今年最初のお話がこの2人!壮絶嬉しいです!!
めずらしく素直に甘える姿ににやにや……素敵なお年玉更新ありがとうございました♪

昨年は沢山姐さんとお話も出来て、リアルでも構って頂いてありがとうございました(*・ω・)*_ _)ペコリ
喪中の為新年のご挨拶は割愛させて頂きますが、本年もよろしくお願いいたします!

[2011/01/01 15:23] 柚子季 杏 [ 編集 ]















管理者にだけ表示を許可する


Back      Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。