スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


整形美人・2<2> 

「真田。今日は一人か?」
松平は授業中だ。ここのところ、俺は松平を避けるように昼食を取る事にしているが、毎回逃げられる訳では無い。
元々、俺たちは学生時代からセット扱いにされることが多かったが、松平がまとわり付くようになってからは、一層そう扱われることが多くなった。
「俺たちはセットじゃねーって。何回云わせるんだ?」
顔を上げた先にいたのは、大学時代から知り合いの経済学部の助教授の向坂だ。
「そうか? どう見ても殿が追い掛け回している風だが? いつの間に下克上を果たしたんだって話」
「何だ。それは」
まるで俺が松平を従えているかのような言い草は止めて欲しい。
「殿はいつの間にか、お気に入りの家臣をまるで姫君のように御祭りして、下にも置かない扱い。どうやったのか不思議に思っても仕方が無いと思うが」
「俺も聞きたいぜ」
吐いた台詞は俺の本音だ。正直、松平の中で一体何がどう変化したのか。俺自身が戸惑っている。
いつも共にいた友人が、アイツの中で変ったのは何時なのか。それとも、神楽くんの情熱に中てられただけか。
カツカレーにかぶりつきながら、向坂の好奇一杯の視線に耐える。
「真田! ここにいたのか」
授業の終わったらしい松平が、俺に駆け寄ってくるのを見て、俺はさっさと退散する事に決めた。
これ以上、向坂にネタを与えるつもりは無い。
急いで残ったカツカレーをかっ込んで、俺は走ってくる松平から逃げ出した。


半ば捕まることが判ってはいても、仕事に戻らない訳にはいかない。
自分の机に戻ると、既に隣り合った机には松平がいた。
「真田」
嬉しそうに笑う松平をきっぱりと無視して、俺は隣の机に付くと、資料を開く。ドイツの研究室が発表した今現在のデータを元にした、最も機能的なキッチンとやらの最新モデルだ。
元々、研究に情熱を注いでいた訳でもなく、単に就職活動をしたくなかっただけで研究室に残った俺は、あまり仕事には真面目では無かった自覚はある。
それがここのところ、資料にはしっかりと目を通し、学生たちの質問には時間を惜しまずに答えている。
全ては松平から逃げ出す為だが、意外な俺の変貌に何よりも俺自身が驚いていた。
何よりも俺は今までいくら教授が勧めても出す気の無かった、学位論文なんてものにまで手をつけている。
松平と違って、いつか教授になろうと云う意欲も無かったし、大所帯のここではそんな苦労して、今教授にならずとも、年功序列でいつか教授職には就けるというお気楽さもあった。そんな俺にとって、博士号はそんなに必要なものでも無かったのだ。

とにかく仕事に没頭していれば、隣の松平のことを頭から追い出すことが出来る。
痛いほどの視線も、明らかな執着を示す告白も俺には迷惑だ。
俺が松平に求めているのは、つねに隣を歩く友人としての奴だ。笑って肩を叩いて、酒に酔って俺の家の居間で眠り込んで、翌朝床の固さに文句を付けて。
神楽くんが来るまでそこにあった生活が、今は遠い事に俺は軽く落ち込んだ。

俺の落ち込みなど知らない松平は、俺の隣で仕事をしながらも、俺に視線を送ってくる。
その視線が俺をより追い詰めていることには気付かず。


仕事を終え、家路を辿る。
俺の拒絶が判ったのか、今日は松平は俺を追っては来なかった。
大学通りは一本道で、自然とそのコンビニの前を通る羽目になるのは仕方がない。
だが、俺が通り掛かるのを待ちかねていたらしいコンビニの店員は、今日もそこにいた。
「毎日、ご苦労なことだな」
「ええ、唯一顔を見れる時間ですからね。こんにちは。真田さん」
にっこりと人好きのする笑顔で答える男は、一時期の作り物めいた感じはすっかりと失せている。その代わりにその顔に浮かぶ表情は、獲物を前にした肉食獣のそれだ。
こんなゴツイ躯の何処かいいんだか。
俺に対してその欲望を示してきたはじめての男。
「今日は、松平さんは一緒じゃないんですね」
「別にいつも一緒な訳じゃないぜ?」
揶揄するような指摘に、俺はむっとして云い返したが、コイツが云いたいことは判っている。
「へぇ。貴方を放っておくこともあるんですね。そんなことしてもいいのかな」
俺に一歩づつ近づく神楽くんに、俺は逃げ出したい衝動を堪えた。
「震えているんですね。嬉しいですよ」
この変態野郎が。骨格フェチの松平を変態扱いしていたが、コイツの方が余程可笑しい。
「貴方と来たら、あんなことをした俺の前を通って、毎日通勤するんですからね」
少なからず、傷つきました。と云った神楽くんと俺の距離は数十センチだ。
「貴方の心に俺は少しでも残れた訳だ」
耳元で囁かれ、伸ばされた神楽くんの腕を、俺は思いっきり振り払っていた。
「諦めるんじゃなかったのか?」
それでも睨みつけることは忘れない。俺にだって、つまらないプライドはまだ残っている。
「そのつもりでした。でも…」
ちらりと神楽くんが店に視線を戻した。
そろそろ混み合う時刻だ。これ以上は不味いだろう。
「店に戻ります。首になったら貴方に会えませんから」
コンビニの扉が開いて、女の子たちが数人出てくる。
「ありがとうございました!」
頭を下げて店へ駆け戻る神楽くんの声と、甲高い声で笑う女の子たちの声が重なったとき、俺は現実へ戻った気がして、ほっと詰めていた息を吐いた。

NEXT

FC2 Blog Ranking
完結小説一覧

スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 


Back      Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。