スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


王者の後継<13> 

「申し訳ありませんでした」
うな垂れるマーロウを慰める言葉も見つからず、リベアはひたすら視線を彷徨わせる。護衛の筈の、リベアの小隊はまったくその役割を果たすことが出来ず、帰塔の足は重かった。
「リベア」
「ブラスト?」
居室へ戻って間を置かずに、近衛騎士団の一隊が顔を出す。
「今日から、俺の隊がお前の護衛に付く事になった。女のところはしばらく諦めてくれ」
軽口を叩きながら笑ったのは、近衛騎士の中でも、比較的リベアとは親しい間柄のブラストだ。
没落貴族の出だというブラストは、腕一本で近衛騎士となっただけあって、リベアには親近感をもって接してくれる。気の置けない間柄ではあるのだが、だからといって近衛の護衛を良しとするかと云われれば、答えは否だ。
「ありがたいが、俺の護衛はうちの隊だけでいい」
「いえ、リベアさま! 私たちでは役者不足なことははっきりと……」
弾かれたように、リベアを見上げたマーロウの肩を叩いた。
「役者不足でした。で終わる気か?」
真っ直ぐにマーロウを見るリベアの視線に、顔を上げる。
「いいえ!」
終わらない。そんなものでは終われない。負け犬になるために騎士になったのではない。
「明日、皆に剣を持って修錬場へ来いと伝えろ」
「はい!」
マーロウが力強くうなづいて、走り出す。それを見送って、リベアはブラストに向き直った。
「という訳だ」
「そう云われてもな。俺も仕事なんだ」
肩をすくめるブラストに、リベアは妥協案を出す。
「しばらく、塔からは出ない。それでいいだろう?」
「仕方無ぇな。だが、扉の外の見張りは残すぞ」
ブラストは頭を掻きながら、リベアの示した妥協を受け入れた。

翌日、修錬場に来たマーロウたちの顔には、緊張がみなぎっていた。
リベアが持つのは、普段使いの厚刃の剣。そして、修錬場に集う中に、常なら有り得無い異色の集団が集っていた。
揃って紫紺の瞳を持つ彼らの存在は、近衛の兵ですら、一歩も二歩も引いている。
「で、リベア。お相手は彼らってことでいいのかしら?」
悪戯っぽく瞳を輝かせて、モニクが丈を構えた。
「そうだな。マーロウ、お前が相手しろ」
「り、リベアさま。宜しいのですか?」
魔術師を相手に剣を抜くなど、考えもつかない事態だ。
「人間相手にびくついているような連中だぞ。魔術師相手なんか出来るのか?」
明らかに馬鹿にしたような響きの台詞は、ソルフェースだ。
「黙ってろ、ソル。後でお前も出張ってもらうぞ」
「久しぶりだからなぁ。手加減出来るかどうか、危ねぇな」
ふてぶてしい笑みを浮かべたソルフェースに、騎士たちが憮然とする。まるで自分たちが劣っているかのような言い草だ。
魔術師相手と見て、さすがに口に出すものはいないが、一気に空気が険悪になる。
「中々、骨のある連中のようだ。頼もしいな」
女にしては低めの声も、明らかに面白がっていた。
「碧殿まで、見物ですか?」
「何の。やらせてもらうに決まっておろう。久しぶりすぎて、あまり動けぬかもしれんがな」
確かにソルフェースに使える連中を連れて来いとは云ったが、アデレードまで来るとは予想外だ。
「魔術師の宮など、退屈この上ない。面白そうだったしの。他の魔術師よりも腕は確かだとは思うぞ」
すらりと抜いた腰の剣の扱いは、確かに手馴れたもので、リベアは目を丸くした。
「ひ、姫様」
そのアデレードに、焦ったように声を掛けたのは、バースだ。
「おお。バース。久しいな。息災か?」
「はい。おかげさまを持ちまして」
代々の近衛の家柄のバースだ。王家の姫であったアデレードを知っていても不思議ではない。
「ま、まさかとは思いますが、姫様が稽古をお付けになるというのでは?」
「稽古などとは聞いておらんな」
その言葉に、ほっとしたバースの表情が引きつるのはすぐだった。
「真剣勝負で良いのだろう? リベア」
「ええ」
腕組みをしたままのリベアの答えに、バースが怖い顔で詰め寄った。
「リベアっ! お前は姫様に何をさせる気だ!」
「バース。お主の息子、押されているぞ」
アデレードの落ち着き払った声が割って入る。まさかとバースが振り向いた。自ら稽古をつけて一人前にした息子だ。騎士見習いとなってからも、同じ修錬場で目の当たりにしてきた実力である。
女魔術師ごときに遅れをとるなどあってはならない。
だが、振り向いたバースが目にしたのは、マーロウの剣が、モニクの丈に弾き飛ばされるところだった。
「お話にならないわ。リベアは我らが認めた魔封じの剣の騎士。隣に立つものとしてはあまりに弱いわ」
厳しいモニクの声に、マーロウが呆然とした顔を上げる。
「マーロウ・エデン。貴方は何をもって剣を取るの? 我らが魔術を使うのと同義の筈ではないの?」
女魔術師はまっすぐに丈の切っ先をマーロウへと向けていた。
「それさえ忘れたのなら、騎士として生きる価値は無いわね」
丈が振り上げられ、誰もがマーロウの終わりを確信した。
だが、丈はすばやくかわされ、マーロウが拾い上げた剣を構える。
「剣を持って護るものがあります。その為に、リベアさまの隣に立つ!」
立ち上がったマーロウの瞳に、もはや迷いは無い。
「いい覚悟だな」
ソルフェースが、戦うマーロウとモニクに背を向けた。
「さて、覚悟の出来ていない野郎どもを叩きなおしてやるとするか」
すらりと剣を抜いたソルフェースに二人の騎士が対峙する。
「残りは私がお相手しよう」
アデレードも残った一人に剣を向けた。

NEXT

FC2 Blog Ranking
完結小説一覧

スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 


Back      Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。