スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


王者の後継<23> 

だが、その網の目を縫うように、水の渦は入り込んでこようとする。
無言の攻防が続いた。
「ソル!」
「出るな! これは罠だ。お前が断ち切れば、それはお前に入り込む!」
前へ出て戦おうとするリベアをソルフェースは押し留める。
これはリベアを取り込もうとする術だ。
水の渦は、薄い膜になり、魔術で張り巡らした網ごとリベアとソルフェースの周囲に迫る。
剣を抜いたリベアが、忙しく視線を巡らせた。
魔術には必ず目がある。細かな糸を縫うように張り巡らされる魔術は、最後に結んだ結び目があるのだ。
その目を探る。もちろん、目に見える訳では無い。リベアは魔術など持たぬ、只の人だ。
だが、それを見つけねば己を庇ったままのソルフェースは動けない。
目を閉じて、感覚を研ぎ澄ませる。
「そこ、だ」
呟いた瞬間にそれを断ち切った。
迷いが無かった訳では無い。だが、足手まといになどなるくらいなら、傷ついても切り開く。
霧散した水の膜を見て、ほっと息を吐いた。
その途端、霧散した水がリベアに襲い掛かる。
「リベアっ!」
ソルフェースが呪を唱える間も無い。リベアの周囲を取り巻く霧は、リベアの内側に入り込もうとリベアの周囲を取り巻いていた。
それを弾き返しているのは、リベアに元から掛けられている結界だ。だが、同系の魔術にそれが何時まで持つものか?
ソルフェースは、呪言を唱え始める。
新たな結界を。
「ちッ!」
リベアは苛立たしく舌打ちすると、また、瞳を閉じた。
幾重にも掛けられた魔術。ひとつ破ればまた一つ。それなら、一つひとつ破っていけばいい。
ソルフェースの契約に護られるだけの自分では無い。共に戦い、共に歩く。
そのために。
リベアは瞳を見開き、剣を振り下ろした。
周囲を取り巻いていた霧が、力を無くし、地へ降り注ぐ。
だが、それは次なる魔術の前兆だ。
地に落ちた霧は、今度は足元からリベアへ這い登る。
ソルフェースの呪言が止んだ。
「捕らえた」
呟きと共に、リベアの足元に這い登っていた霧は消え去った。
「大丈夫か?」
いくつもの魔術を破り、肩で息をするリベアに、ソルフェースが問い掛ける。
「ああ。さすがにキツイな」
リベアはベッドへ腰掛け、深く息を吐いた。普段ならそんな無茶を怒鳴りつけるところだが、ここまで来るとそうも云っていられない。ソルフェースは自分の見通しの甘さに臍を噛んだ。
「なりふり構ってはいられない、か」
「アイツか」
呟いたソルフェースの言葉が指すのが、シィドリアだと思ったらしい。確かにシィドリアも既に正気を保っている風では無かった。
「ソル」
隣へと座り込んだソルフェースの唇をついばむように、リベアが口付けてくる。
触れ合うだけですぐに離れるそれが、自分を力づけるためのものだと云うのが解り、ソルフェースはクスリと笑った。
「これ以上は、帰ってからだ」
それに憤慨したように紡ぐ言葉は照れ隠しだ。ますます、笑い出したい口元をソルフェースは覆い隠した。
「さて、行くか」
「そうだな」
二人して立ち上がる。おそらくシィドリアは既に住居にはいないだろう。
逃れるならば、後ろ盾となるもののところへに違いない。
「王都を逃げ出すことは考えられないか?」
「何のために、四方にまで手を回したと思っている?」
四方陣の張られた網の中から逃げ出すことは不可能だ。それこそ、時空を移動できるのであれば別だろうが、そこまで出来る魔術師は、この王都にはソルフェースのみ。
ソルフェースは既に空となった住居の扉を開く。
その中心に残された、壊れた魔法陣に手を翳した。
魔術の残り香を纏うものの行方を辿る。
血と吐しゃ物で汚れた床に、新たな魔方陣が出来上がった。
リベアはただ、それを見守るのみだ。そこはリベアの領域ではない。
空を見つめていたソルフェースの呪言が止んだ。
「行くぞ」
「ああ」
ソルフェースが小さな身体を翻す。それを追ってリベアもその場を後にした。
「リベアさまッ!」
追ってくる足音に、リベアとソルフェースが足を止める。
「マーロウ。どうした?」
「王都警備がリベアさまを拘束すると息巻いています!」
「王都警備?」
「先程、魔術師の宮へリベアさまの引渡しを要求してきました。隙をついて僕だけが逃れてきましたが」
「酒場の件か!」
ソルフェースが大きく舌打ちをした。
魔術師がらみとは云え、王都警備にも近衛にも話を通さない王都での単独戦闘。問題ありと見なされても仕方が無い。
「手早く片付けるしか無いな。リベア、捕まれ!」
呪言を唱えるソルフェースの肩をリベアが掴んだ。
その瞬間、マーロウの目の前でリベアとソルフェースの姿は消え去っていた。

裏通りを酔っ払いのように足をもつれさせて、それでもシィドリアは走っていた。
時折、本当の酔っ払いと間違えた男たちに小突かれたが、それを気にしてなどいられない。
闇に乗じて姿を隠し、今は時を待つしかない。
逃れる先は、王都の中心にあった。貴族の屋敷には付き物の秘密路を使って、そこまで逃れれば、魔術も権力も届かない。
「そこまでにせぬか。シィドリア」
だが、誰も知らぬはずの秘密路の入り口に手を掛けたシィドリアの腕を、女の細腕が掴んだ。
振り仰いだシィドリアの前に立ったのは、波打つ長い黒髪の女。
「碧のアデレード?」
「もう止めよ。これ以上の醜態を晒すこともあるまい」
崩れ落ちそうなシィドリアを、静かにアデレードは見下ろしていた。

NEXT

FC2 Blog Ranking
完結小説一覧

スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 


Back      Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。