スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


有須inワンダーランド!<15> 

中央の螺旋階段を上がると上階は小部屋が幾つも並んでいた。それぞれに綺麗なカーテンや暖簾が掛かっている。
ソフィアがレースのカーテンを潜り、簡易ドアを開くとそこには鏡と小さな木製の白い机があった。
「衣裳部屋だから、狭いけれど。座って」
蔵斗を促すと、ソフィアはモバイルPCを開く。いくつかのサイトを検索しているらしい。
「あったわ」
「すみ、いえ、ありがとうございます」
身体をずらして、褌の締め方が図解された画面を示したソフィアに、蔵斗はいつもの癖で『すみません』と口にしそうになるが、途中で言い換える。気付いたソフィアが微笑んだ。
「ねぇ。買ってきた方がいいのではないかしら?」
一生懸命に画面を追っている蔵斗だが、何処かしら心もとない。実物を見た方が早いのでは無いだろうかとソフィアは提案した。
「あ、あります」
ごそごそとカバンを探って蔵斗が褌を取り出す。絹の一枚布の光沢に、ソフィアが溜息を吐いた。
「綺麗。これが褌なの?」
「素人ね。六尺なんて締められる訳ないじゃないの」
舌打ちをしたのは雅だ。
「あの、褌って種類があるんですか?」
「あるわよ。越中とかなら楽だったのに。まぁ、勝負下着としては色気がないけど、いいわ。締めてあげる」
パンと背中を叩かれて、蔵斗は真っ赤になった。
「しょ、勝負下着、のつもりは」
「あら、つもりじゃなかったら、何? ほら、さっさと脱ぐ。全部よ」
しれっと雅に言われて、蔵斗は戸惑ったが、覚悟を決めて服を脱ぐ。蔵斗がもたもたやってもきちんと締められるかどうか。やってくれるというなら、任せてみるのが最上だろう。
そうは思ってみても、さすがにトランクスを脱ぐ段階で手が止まってしまう。
「全部」
睨むように見上げた雅の命令口調に蔵斗は渋々と従った。
「立派なもんぶら下げてるのに、肝は小さいのね」
「クイーン。下品です」
女装しているだけの男だと頭では判っているのだが、股間を見ての評価はあまり嬉しくない。幸い、ソフィアがすぐに制してくれた。
「胸元で抑えて。足開いて、股間潜らせるから」
雅は、指示を出す言葉や着けていく仕草にも迷いが無い。
「雅さん、手馴れてるんですね」
「地元の祭りでは、男たちは小学校に上がると同時に全員締めるから。手、離していいわよ」
ひも状になった布を後ろから前に回され腰のところへ来た時点で、指示が来た。
後ろをどうしているのかは判らないが、感触でTバックみたいな形になっているらしいことは蔵斗にも感じ取れた。
「酒が入っているし、気が大きくなっているのもあるんでしょうね。中には性質の悪い男たちに悪戯されることもあったわ。私は、祭りも男も大嫌いよ」
褌を締めながらの淡々とした雅の口調は、見事に感情の欠落したもので蔵斗はドキリとした。
「ほら、出来たわ。きつめに締めているけど、褌は多少は緩むものだから」
「一枚の布でこんな風になるんですね」
背中を軽く叩く雅の口調は、すぐにいつもの強気なものに戻っている。ソフィアは感嘆の声を上げた。
「すみませ……」
嫌なことを思い出させただろうかと、蔵斗は衝動的に謝りかけ、途中で止める。
それを押しても、やってくれたのだ。
「ありがとうございます!」
「よろしい。堂々といってらっしゃい。あの男に吠え面掻かせておやりなさいな。でないと、殺すわよ?」
「クイーン……」
びしっと蔵斗に向けて指を突きつける雅に、ソフィアが呆れた声を上げる。
それに思わず蔵斗が声を上げて笑った。

会員制パブ『将』。
数日前に逃げ出したドアの前で、蔵斗は深呼吸を繰り返す。
「よし!」
蔵斗自身に気合を入れる。顔を上げて、ドアを開いた。
「よう、アリスちゃん」
「こ、こんばんは」
顔なじみの常連が声を掛けて来るのに挨拶を返し、まっすぐにカウンターへと向う。いつもなら蔵斗が来ると柔らかい笑顔で迎えてくれたマスターは、チラリとこちらへ視線を流しただけだ。
「いらっしゃい」
冷たい言葉にひどく傷ついている自分に、蔵斗はむしろ安堵する。
やっぱり、自分はこの人が好きだ。蔵斗に笑顔を向けて欲しい。優しく話し掛けて欲しい。
「マスター。ロッカーを貸してください」
「ロッカー? ああ。これ使って。百円入れてください。使用し終わったらお金は戻ってきます」
美作は機械的に説明するだけで、蔵斗に対して、いつものように優しい眼差しが投げ掛けられることもない。だが、それに負けそうになる自分を蔵斗は押し留めた。あの日、美作の本気を受け止めることもせず、勝手に決め付けて逃げ出した。その報いだ。
「ありがとうございます」
薄く自嘲の笑みを浮かべ、蔵斗はロッカーへと向う。
店の一角をロッカーで区切り、カーテンをつけただけのロッカールームには誰もいない。
思い切りよく服を脱ぎ、ロッカーへカバンごと押し込んだ。
褌一丁の姿を姿見に映す。背中を丸めているのは似合わない気がして、背筋を伸ばした。
見掛けだけはいつもの蔵斗よりも堂々としている。蔵斗はもう一度深く息を吸い込んだ。
「よし!」
まっすぐにカウンターへ向う。
まさかの蔵斗の褌姿に、常連がざわついた。何事かと美作も視線を上げ。
そのまま目を見開いて、近づいてくる蔵斗を見ている。
「美作さん」
美作の目に蔵斗が映っている。それを蔵斗が見つめていた。視線を上げれば、世界はこんなに広がる。
「あなたが、好きです」
緊張しすぎた告白は、怒鳴るような声になった。店中が固唾を呑んで二人を見守っている。その視線さえ、ガチガチになった蔵斗には感知の外だ。
目を見開いたまま固まった美作の瞳が、いつもの柔和な色彩を宿す。
蔵斗はそこで漸く我に返った。と、同時に気恥ずかしくてたまらない。思わず外した視線を、後頭部を捕まえられ戻された。
美作の顔が近いと思う間もなく、噛み付くように口付けられた。

NEXT

FC2 Blog Ranking
完結小説一覧

スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 


Back      Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。