スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 


メガネの向こう<3> 

「なんだ、お前ら。休日まで二人一緒か?」
独身寮の門をくぐったところで、杏と康利を呼び止めたのは、同じ独身寮の先輩だ。普通、独身寮は大抵が、二、三年で出て行く。狭い部屋や規則だらけの寮は、いまどきの若い連中には敬遠される。ましてや、恋人も連れ込めないとあっては、嫌気が差すというものだろう。
所が、今、目の前にいるのは、そんな大抵の人間に属さない種類の男で、もう十数年もこの寮に住んでいる。独身寮の主、企画課の鈴木義彦だ。
「ええ。鈴木さんは? 今、帰ってきたところですか?」
「ああ。週末だからな。コレんとこ」
そう云って、鈴木は親指を立ててみせた。冗談のつもりなのか、本気で間違えているのかは、何とも判断がしがたく、康利は苦笑いを浮かべるしかない。
「あ、そうなんですか。いっそ、恋人のところへ住んだらいいのに」
「い~の。この距離がちょうどいいんだ。ホントに杏ちゃんはいい子だなぁ」
どこかずれている杏は、鈴木の言葉を額面通りに受け取って会話をしている。そんな杏の頭を撫でる鈴木の手も、康利には不快だった。
「杏。早く行くぞ。映画終わっちまう」
「あ、待ってくれよ。じゃ、鈴木さん」
杏は、鈴木へ軽く会釈すると、先へ歩き出した康利の後を追って走り出す。
大またで歩く康利に追いつくのは、背が伸びた今でも結構骨だ。走る杏の横をバスが通り過ぎる。独身寮のある街の裏山は、バスしか日常の足は無い。これに乗れなければ、また二十分以上も待つ羽目になる。さすがに置いていかれるような気がして、杏はダッシュを掛けた。
バス停には数人ほどがバスを待っている。全員が乗り込んでしまった後に、ステップに足を掛けたまま、康利が振り返る。
杏が追いつくのを見て、康利がバスに乗り込んだ。続いて駆けてきた勢いのまま、杏がステップに飛び乗る。
二人してバスの後方の席へと座った。
「何、怒ってるんだ?」
おずおずと杏は、康利に話しかける。康利も大人気なく当たってしまったのが解るから、余計にいらついた。
「お前、よく平気で話してんな」
「え?」
「鈴木さんだよ。あいつ、男のとこからの帰りだって云ってんだぞ」
ぼそりと康利はつぶやく。それに、意外そうに杏がきょとんとした。この天然は、本気で解ってなかったらしい。
「鈴木さんの恋人が男の人でも、別にいいじゃん」
だが、心底意外そうに、杏の口から漏れた言葉に、康利はぎょっとなってしまった。天然だとは思っていたが、本気であの鈴木の言葉を額面通りに受け取っていたらしい。
「男だぞ。あんな、オヤジにオトコ。冗談にしてもキモく無いのかよ」
「何で? 鈴木さんはいい人だろ。それに、冗談じゃ無いと思うよ」
「へ?」
康利は、杏の何でもないことを話すような口調に、余計にぎくりとした。
「気づいてない? 鈴木さん、日曜日、いつもと違う香りするんだ。ヘアトニックの匂い」
「そ、そんなの、女が用意してんのかもしれないだろ」
「女の人が用意するんなら、いつもと同じものを買うよ」
「男を自分好みにしたい女かもしれないぞ」
「それなら、鈴木さんの匂い自体が変わるって」
淡々と反論されて、康利はぐっと詰まってしまう。鈴木にさほど興味はなかったが、天然で鈍いと思っていた杏が気づいたことを、自分が気づかなかったことが悔しいのだ。
だが、同時に、杏が男同士に抵抗が無さそうなのもちょっと癇に障った。
鈴木はやたらと杏を可愛がっている。杏の周りには目を配っていた筈だが、思わぬ伏兵がいたらしい。
街を歩くと、周囲の女の視線が自分へと集まることが解る。
康利は、学生時代から、結構モテることは自覚していた。長身に男らしい容姿と体格。成績はそこそこ良くて、所属していた弓道部もその地域では上位の成績で、結構目立つ方だったし、人付き合いも良い。これで、モテないなどといえば、嫌味にとられるだろう。
実際に、中学・高校・大学と通して、特定の彼女がいたことは無いが、女に困ったことは無かった。
だが、康利の頭には、いつも杏のことがあった。
杏は、昔から天然で素直で、いつも自分の後ろを追いかけてきた。可愛いと思うのも、同じくらいにイラつくのも杏にだけだ。
大またで歩きながら、杏を振り返る。
後ろに杏がいるのを確認して、また歩き出した。
別に映画が見たかった訳では無いが、男同士が二人で出掛けるとなると、口実は限られてくる。
映画か、コンサートか、スポーツ観戦というところだ。
だが、杏は、流行の音楽には興味が無く、スポーツも詳しくは無い。インドア派なので休みの日は読書をするのが趣味だ。
それで、杏が好きそうな映画を見つけると、誘って出掛けるのが、日課になっている。
今日の映画は、売れない落語家の人情話だ。暗い映画館の中で夢中でスクリーンを見つめる杏の顔を、康利はじっと見つめる。
ストーリーにあわせて、ころころ変わる杏の表情は、通常では見れらないものだ。
康利は、夢中になってそれを焼き付けていた。


入った店は、量が多いことで知られたイタリアンだ。
本場で修業したと云うオヤジは、コックと云うよりは肉体労働者風で、店内もイタリアンではあるが、洒落た感じはまったく無い。
男が二人で入るにはいい店だ。しかも、値段の割には美味かった。
杏は興奮したように、さっき見た映画の感想をしゃべり続けている。
それを見ていると楽しくなって、康利はうんうんと相槌を打った。
端から見ていると、多分、自分の顔は普段見られないくらいに、崩れているだろうと、康利は我ながら、冷静に思う。
だが、自分の後ろから付いて歩くだけの杏が、目の前ではしゃいでいるのは、こんなときしかないのだ。それを楽しんだって罰は当たらないだろう。
幼稚園から一緒の幼馴染は、当然のごとく高校まで一緒だった。同じ町内に住む杏と康利が公立の、家から一番近い学校を選べば、そうなるのは当たり前だ。どちらも、平均的な平サラリーマンの家庭で、兄弟もいる。特別優秀な訳でもなく、スポーツが出来た訳でも無い。康利だとて、関東の大会で上位には入るかもしれにないが、全国を狙える程の腕前でもなかった。当然、進路は似たようなものだ。
康利が焦ったのは、大学の進学時である。こればかりは、一番近い国公立と云う訳にはいかない。何といっても、康利たちの住む町から一番近い公立大学は海洋大で、少なくとも杏にその素養があるとは思えなかった。体力に自信のある自分でも一ヶ月以上の海外航海実習となれば、うんざりする。あとは近場にあるのは、工業大、芸大、医科歯科大などで、杏がどの方面を目指しているかで、進路がまったく違っていた。
何とか、同じ大学を目指していることを知ったのは、杏と同じクラスの弓道部員に頼み込んだからだ。
佐多と云うその男は、やたらと康利が杏に構うことを知っていて、ライバル視しているとでも思っているらしい。
「笠置はかっこいいのに。何で、葛西なんかに構うの? 葛西なんか全然負けてるのにさ」
この男はやたらと杏を馬鹿にするような言動が多くて、康利は気に入らなかったが、それでも、杏のことが好きだとばれるよりは良かった。
自分の想いは異常だと、康人にには既に自覚があったからだ。自分が仲間はずれにされるならまだいい。それで、杏と付き合えなくなるのが嫌だった。
杏がそれで態度を変えるような相手では無いことは解っている。だからこそ、杏はそれを真摯に受け止めるだろうことも。それで、今まで通りの『幼馴染』でいる自信が無かったのは、むしろ康利の方だ。

それで、気まずくなるくらいなら、ずっと『幼馴染』を続けるつもりである。
どんなにそれが苦しくても。
目の前で笑っている杏が見られれば、康利はそれで良かった。



「おい、丸メガネ」
「はい」
相変わらず小早川は、名前を呼ぼうとはしない。呼ぶ気が無いのか、それとも、名前を覚える気が無いのか。どちらにしても、上司の自覚が足りない男だ。
そして、その無礼な呼び方に返事をするのも、相変わらず杏のみである。
日下などはパソコンから目を上げる様子も無かった。
「何でしょうか?」
杏が小早川の机の前に立つ。狭いフロアなので、各自の机でも、別に声は聞こえるのだが、そうしないと、小早川はご機嫌が悪くなる。自分が軽視されていると思うらしい。
まったくもって、度し難い男だった。
「企画課が手伝いを欲しがっている。お前、行って来い」
「はい」
「すぐ行け!」
「はい!」
云われた杏は、そのまま頭を下げて企画課へと向かう。
残された康利が、むっとした表情で声を上げようとするのを、遠藤が目線で制した。
「課長。企画課のお手伝いですか? 葛西だけで大丈夫でしょうか?」
「知らん。葛西を指名してきたんだ。葛西だけでいいだろう」
無責任すぎる台詞だが、元々、杏を渥美の下へ送り込みたいだけだから、理由は何とでも付くらしい。しかも、それを恥とも思っていないのだから、お里が知れると云う物だ。
「他課への社員の出向は事前に許可を……」
「課長の俺がOKしてるんだ! 何の文句がある?」
「しかし、企画課は、今日は明日の企業コンペの準備でしょう?」
「だから、貸してやったんだろう! もうこの話は終わりだ!」
面倒くさそうに云う小早川に、渋々と遠藤が引き下がる。これ以上は云っても無駄だ。
この週末に、湾岸副都心にあるイベントホールで、コンペが行われる。関東の数十社が集まる合同新作発表会のようなものである。
当然、営業と企画は、自分のところの新作の売り出しに余念が無かった。もちろん、総務課も毎年手伝いはするが、それは当日のパンフレットの配布やらの肉体労働で、企画課からの事前の手伝いなど聞いたことも無い。
却って、こんなばたついている日に、企画課へ行って手伝える事などあるのだろうか?
しかし、ばたついているからこそ、渥美も何も出来ないだろう。むしろ、康利はどんくさい杏が、何か失敗でもしないかとはらはらしどうしだった。


NEXT

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(-) 


Back      Next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。